矯正歯科

矯正歯科とは?

一般的には不正咬合、例えば出っ歯、受け口、八重歯などの悪い歯ならびや咬み合わせをきちんと咬み合うようにしてきれいな歯ならびにする歯科治療です。これらの不正咬合によって、生命にかかわることはありません。しかし、不正咬合がある場合には、気にして笑うことも少なかったり、劣等感を持ってしまうことさえあります。また、単に見た目を良くするだけではなく、歯が磨きづらく、虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にし、コンプレックスが解消されることによって精神的にも明るくなります。また噛み合わせが悪いため、歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、咀嚼障害、歯ぎしり、顎関節症(がくかんせつしょう)、腰痛、肩こり、鼻づまり、めまい、頭痛、不眠症状などの疾患と関連することもあります。これらのいろいろの病気を予防するためにも、大変重要な歯科治療なのです。

歯並びやかみ合わせを改善すると?

1.虫歯や歯肉炎、歯周病になりにくくなります。

2.咀嚼機能が良くなると集中力も向上します。

3.発音にも関係します。

4.あごや顔の成長とも関係します。

5.心理的な面に影響し、人に対して積極的になったり、表情も明るくなったりします。

6. 咬み合わせが悪いことに由来する肩こりや頭痛は、咬み合わせを良くすることによって治ります。

矯正治療の流れ 

初診相談料(3,150円)

矯正に関する問診をさせていただきます。大体の治療の流れだけの説明となります。より詳しいお話をしたい場合はパノラマレントゲンが必要となります。

 

一般検査(初診相談料 3,150円 + 保険適用 約¥4,000)

歯周病やムシ歯の進行度をみるためのパノラマレントゲン撮影をした場合は精密検査に準じる治療のお話ができます。

 

精密検査(31,500円)

矯正歯科用のレントゲン(セファロレントゲン撮影)を行います。診断用模型作製、顔面写真、口腔内写真撮などの資料の採得を行います。治療の流れ、およその治療期間、およその費用、類似した矯正の治療例などのご説明をいたします。確定的なことは診断時にご説明いたします。  

矯正診断(コンピューター分析含む 15,750円) 

今後の治療方針、治療方法、期間、費用など詳しくご説明いたします。  

治療開始

装置装着あるいは装置を作るための型を取り、治療を始めていきます。ただし、矯正治療開始までに必要な歯科処置(虫歯の治療、必要な場合、親知らずの抜歯、歯石除去、ブラッシング指導)を受けていただきます。  

治療終了

装置の除去、歯石除去などお口の中をきれいにします。  治療終了後の資料採得  治療開始前と同様資料をとります。  

保定  

一定期間後戻りがないか経過観察を行います。  

終了

矯正歯科の費用

  ※下記の価格は全て税込み価格となります。

料金リスト

初診相談料    

 3,150円

一般検査料
(初診相談料+保険適用)
   

 3,150円+4,000円

精密検査料    

 31,500円

矯正診断料    

 15,750円

基本料      
  子供 I 期治療(乳歯、混合歯列期前期治療)
メタルブラケット

 236,250円

  子供 I 期治療(乳歯、混合歯列期前期治療)
ホワイトブラケット

 262,500円

  子供 II 期治療(I 期治療後、永久歯の治療が必要な場合)メタルブラケット

 236,250円

  子供 II 期治療(I 期治療後、永久歯の治療が必要な場合)ホワイトブラケット

 262,500円

    ※子供の場合でもすべて永久歯に生えかわっている場合、大人料金になります。  
  大人 メタルブラケット

 472,500円

  大人 ホワイトブラケット

 525,000円

調整料    

 3,150円~5,250円

保定装置料    

 31,500円